<伊藤園レディス 初日◇11日◇グレートアイランド倶楽部(6,639ヤード・パー72)>

 降雨によるコースコンディション不良のため、スタートが2時間半遅れた「伊藤園レディス」の第1ラウンド。16時18分には日没のため、競技はサスペンデッドに。17組50名の選手がホールアウトできなかった。

畑岡奈紗、イ・ボミのプレーをライブフォトでチェック!
 4アンダーでプレー中の大山志保やテレサ・ルー(台湾)が暫定首位に立っているが、ホールアウトした選手に限れば葭葉ルミ、酒井美紀、ペ・ヒギョン(韓国)の2アンダーが最高スコアとなっている。

 暫定とはいえ、葭葉がトップ10以内で初日を終えるのは優勝した7月頭の「ニッポンハムレディスクラシック」以来。報道陣の前に立つと「お久しぶりです(笑)」とペコリと頭を下げた。

 この日は「全体的にショットが良かった」という葭葉。また、「雨の影響でティグラウンドが前に出たりというのがあって。練習ラウンドの時と違うところが多くて、そこで集中できました」。この日は2番パー3、4番・7番パー3などでティグラウンドが前に。練習時と違うその部分で集中力が増し、4・7番ではバーディを奪った。

 葭葉はナイキゴルフの契約プロ。同社は8月にクラブ、ボールなどの事業から撤退を表明し、海の向こうではプロたちが他メーカーの新しいクラブを積極的に試しているが、「今シーズンはそのまま行きます。終るまでは触らずに」。今季はこのままナイキのクラブを使い続ける決心を固めているという。

 優勝して以後はパターの不振で思うような成績を残せなった。この日も「1メートルぐらいのもけっこう外してしまいました」。それでも、「スコアにはなってきました。明日はその1メートルを外さずいきたい」と光明は見えている。「残り3試合は本当に頑張りたい」、まずはこの試合で復活の狼煙を上げてみせる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>