<三井住友VISA太平洋マスターズ 2日◇11日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>

 静岡県にある太平洋クラブ御殿場コースを舞台に開催されている国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の2日目。昨日圧巻の首位発進を見せた松山英樹が、悪天候によるコース整備の為、正規の時間から1時間遅れでティオフ。出だしの1番をパーとしてコースに飛び出した。

白熱する賞金レース!国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック
 松山はフェアウェイからのセカンドをグリーンに乗せると、10メートル以上の距離からバーディパットに挑むが決めきれず、パーセーブとしている。 

 今大会は昨年、最終日に濃霧のため中止となっており、今年も最終日の13日(日)は雨の予報。スコアだけでなく天気も心配な状況となっている。

 松山は2011年大会で当時東北福祉大のアマチュアとしてツアー優勝を達成。倉本昌弘、石川遼に続く史上3人目の快挙を成し遂げた。2013年以来3年ぶりの大会出場となる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>