<男子賞金ランキング>
 
 国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」終了時の賞金ランキングが発表された。

男子ツアーの熱戦を特選フォトでプレーバック!
 今大会で、賞金ランク2位の池田勇太とのプレーオフを制して今季3勝目を挙げた谷原秀人が3週間ぶりに賞金ランク1位へ返り咲いた。

 18番の繰り返しで行われたプレーオフ。1ホール目は両者パー、2ホール目で谷原がバーディを奪って優勝を決めた。優勝賞金4千万を手にした谷原が池田と約1,270万の差をつけて賞金ランクも1位に躍り出た。

 また、今大会を8位タイで終えた武藤俊憲が18位からトップ10入りを果たした。

【男子賞金ランキング】
1位:谷原秀人(156,144,370円)
2位:池田勇太(143,457,703円)
3位:キム・キョンテ(99,422,824円)
4位:片岡大育(75,537,949円)
5位:ソン・ヨンハン(64,954,966円)
6位:片山晋呉(59,445,141円)
7位:小平智(55,643,807円)
8位:今平周吾(53,238,763円)
9位:マイケル・ヘンドリー(51,774,728円)
10位:武藤俊憲(42,186,683円)
11位:ブラッド・ケネディ(42,175,272円)
12位:松山英樹(40,000,000円)
13位:石川遼(39,720,000円)

<ゴルフ情報ALBA.Net>