<シュライナーズ・ホスピタルズ for チルドレン・オープン 最終日◇6日◇TPCサマリン(7,255ヤード・パー71)>

米国男子ツアー「シュライナーズ・ホスピタルズ for チルドレン・オープン」は最終ラウンドを行い、トータル20アンダーまでスコアを伸ばした47歳のロッド・パンプリング(オーストラリア)が2006年以来のツアー通算3勝目を挙げた。

石川遼は“3日間”戦うも予選落ちに厳しい表情
パンプリングは2位からスタートすると前半で4つ伸ばすチャージを見せてハーフターン。後半は10番、12番と2つのボギーでスコアを落とすも13番から3連続バーディで再び浮上。最終18番も約8メートルを沈めるバーディで締めて、後続を突き放した。2打差の2位にブルックス・ケプカ(米国)。単独首位からスタートしたルーカス・グローバー(米国)は2つスコアを伸ばすも逆転を許しトータル17アンダーで3位に終わっている。

トータル16アンダーの4位タイにはこの日“61”のビッグナンバーを叩きだしたフランチェスコ・モリナリ(イタリア)とジェフ・オギルビー(オーストラリア)、ハリス・イングリッシュ(米国)が並んでいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>