<TOTOジャパンクラシック 最終日◇6日◇太平洋クラブ美野里コース(6,646ヤード・パー72)>

 今年の「TOTOジャパンクラシック」には世界ランク1位のリディア・コ(ニュージーランド)が参戦した。そのリディアと同組となった日本ツアーの選手たちは彼女をどう見たのか。

百花繚乱の女子ツアー!特選フォトは写真館で
 最終日に同組となった下川めぐみは、夜寝る前にリディアの動画を見て良いイメージを出してから床につくほどの“ファン”。「ペアリングを聞いたときは鼻血が出そうになるほど嬉しかった」というこの日のラウンド中も何度も1ギャラリーになりかけたという。

 そんなこの日のラウンドは「とにかく勉強になった。セーフティな方向には打たなくて常にピンを狙ってバーディを獲っていました。よほどショットに自信があるからだと思いますけど。あとは時間の使い方が上手かったですね。自分のペースでプレーしているように感じました」。ラウンド後すぐだったこともあり、興奮した様子で話してくれた。

 初日、そして最終日に同組となったイ・ボミ(韓国)は「リディアさんは調子は良くなさそうだったけど今世界ランク1位だし今日のラウンドはとても勉強になりました」と振り返る。「ランキングとか順位を気にせず1打にだけ集中していく姿はとても学ぶべきものがありました。彼女の方が私よりもプレッシャーがあると思う。私よりも若いのに精神面が強いなと思いました」と周りを過度に意識しない姿勢に強さを感じた。

 2日目に同組で回った宮里藍も、「彼女も本調子ではなかったと思う」と前置きしながらも、「ナンバーワンという誰よりもプレッシャーのかかる位置にいる選手ですが、それを感じさせないのがすごい。本当にマイペース。良くても悪くても彼女らしくいられる。それが彼女の強さだと思う」と語った。

 その宮里と共に2日目に回ったのが青木瀬令奈。「今、自分がリディアのスイング、特にテークバックを参考にしてるのでとても勉強になりました。そして飛距離が同じくらいだったので攻め方も自分と重ねて見てました」と“一生に一度かもしれない”と夢のようなペアリングでは吸収することも多かった。

 最終日に3つ伸ばしたもののトータル2アンダー・43位と苦しんだ世界1位だったが、日本人選手に与えたインパクトは大きかった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>