<TOTOジャパンクラシック 最終日◇6日◇太平洋クラブ美野里コース(6,646ヤード・パー72)>

 2日目を終えた時点でトップ10に日本人が1人もいない状態となった「TOTOジャパンクラシック」。そんな中、トータル6アンダー・12位タイから出た堀琴音が最終日にスコアを4つ伸ばしトータル10アンダー・3位タイでフィニッシュ。日本勢唯一となるトップ10フィニッシュをはたした。

大会3日間をフォトギャラリーで振り返る!
 
 堀は出だしの1番で3パットのボギーを叩いたが、次の2番で5mのバーディパットを決めてバウンスバック。その後、5番で1つ落としたが7番で6mを沈めたのを皮切りに3連続バーディで上位に浮上。さらにバックナインでも2つ伸ばして「3日間の中で一番良かった」と納得のラウンドとなった。

 米ツアーの選手とのレベルの違いを肌で感じた一週間だった。「すごく差があると感じました。もう全体的に。ティショットは飛ぶし、アイアンはグリーンでピタッと止まる」。特に昨日一緒に回ったフォン・シャンシャン(中国)は「ドライバーで振る時と振らない時を分けてたり、ラウンドの中での力配分がすごかった。パットもタッチが一定でとても勉強になりました」。フォンとの最終的な差は3打だったが、それ以上の開きを感じていた。

 そんな猛者たちの中で3位に入れたことは手ごたえを感じる。「とても自信になりましたね。世界のトップ選手たちに挑戦するという気持ちでやってきて、成績を出せたのは良かった」。

 一方で「悔しかった」という思いも。ここまで幾度となく優勝争いに絡みながらもカップにあと一歩手が届いていない20歳。「残り3試合、どれかで絶対勝ちたい」。この日の自信と悔しさを糧として、今度こそ歓喜の瞬間を手にしてみせる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>