<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 3日目◇5日◇総武CC 総武コース(7,214ヤード・パー70)>
 
 千葉県の総武CC 総武コースにて開催中の国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」の3日目。全選手がホールアウトし、谷原秀人と稲森佑貴がトータル12アンダーで首位に並んでいる。

白熱する賞金レース!国内男子ツアーをフォトでチェック
 1アンダーで前半を折り返した谷原と稲森は、共に後半で3ストローク伸ばし、この日“66”をマーク。谷原は大会連覇を、稲森はツアー初勝利をかけて最終日に臨む。

 4打差3位に賞金ランク1位の池田勇太、6打差4位にパク・サンヒョン(韓国)がつけている。

【3日目までの順位】
1位T:稲森佑貴(-12)
2位T:谷原秀人(-12)
3位:池田勇太(-8)
4位:パク・サンヒョン(-6)
5位T:片岡大育(-5)
5位T:黄重坤(-5)
7位T:H・W・リュー(-4)
7位T:小田孔明(-4)
9位T:姜庚男(-3)
9位T:武藤俊憲(-3)

<ゴルフ情報ALBA.Net>