<シュライナーズ・ホスピタルズ for チルドレン・オープン 2日目◇4日◇TPCサマリン(7,255ヤード・パー71)>

ネバダ州ラスベガスのTPCサマリンで開催されている、米国男子ツアー「シュライナーズ・ホスピタルズ for チルドレン・オープン」は日没で持ち越しとなった第1ラウンドと第2ラウンドを行ったものの、この日も全選手がホールアウトできずに連日の日没サスペンデッドとなった。

石川遼、特別インタビュー!ゴルフへの熱い思いを語る
第1ラウンドを1アンダーの65位タイで終えていた、石川遼は17番を終えたところで日没により1ホールを3日目に持ち越した。この日は17ホールで3バーディ・3ボギーとスコアを伸ばせず現時点でトータル1アンダーの89位タイ。予選カットラインまでは2打と厳しい状況となった。岩田寛は16番のティショットを打った時点でサスペンデッド。2オーバーの116位タイから巻き返しを狙ったが2バーディ・2ボギーとスコアを伸ばせず116位タイのまま低迷している。

首位はトータル14アンダーまで伸ばしたロッド・パンプリング(オーストラリア)。1打差の2位にブルックス・ケプカ(米国)がつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>