<富士フイルム シニア チャンピオンシップ 2日目◇4日◇ザ・カントリークラブ・ジャパン(7,022ヤード・パー72)>

 本日2日目を迎えた「富士フイルム シニア チャンピオンシップ」。
ホストプロの青木功がスコア“78”トータル10オーバー58位タイでホールアウトをした。残念ながら初日に引き続き2日目もエージシュート達成に至らず厳しい戦いを強いられている。

国内シニアツアーの特選フォトギャラリー
 青木は前半を1バーディ・2ボギー・1ダブルボギーで折り返すと後半も調子を上げることができず1バーディ・4ボギーで終えた。

 現時点でシニア通算7勝の三好隆がトータル6アンダーで単独首位に立っている。1打差2位タイに今大会で優勝すれば賞金王戴冠が決まるプラヤド・マークセン(タイ)と加瀬秀樹、2打差3位タイに鈴木亨、芹澤信雄が追走する。

 また、昨年覇者の渡辺司はトータル5オーバー・41位タイと出遅れるかたちとなった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>