<シュライナーズ・ホスピタルズ for チルドレン・オープン 初日◇3日◇TPCサマリン(7,255ヤード・パー71)>

米国男子ツアー「シュライナーズ・ホスピタルズ for チルドレン・オープン」の初日は全選手ホールアウトできず日没サスペンデッド。前週の「サンダーソンファームズ選手権」で5位タイに入って今大会への出場権を得た岩田寛は4バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“73”で2オーバーの暫定115位タイと出遅れた。

前週は松山英樹と同時優勝に迫った岩田寛
「朝の感じはそんなに悪くなかったんで、パターはあんまりよくないと思いながらスタートした」という岩田はINから出て11番で約125ヤードのセカンドをピンに絡めてバーディを奪うとパー5の13番もバーディとした。

しかし、右ドッグレッグでワンオンも狙える15番ではグリーンを狙ったティショットが左の荒れ地エリアでアンプレヤブル。「球のチョイスを間違えてドローを打ったら風に乗って左にいってしまった」とここをボギーとすると、17番、18番と連続ボギー。さらに1番ではティショットのミスからダブルボギーを叩いて一気に後退した。

「後半はちょっと訳わかんなくなって、アプローチとかもイメージのないまま、ただ打ったというか。やりたいことが後半は違う方向に行ってしまった」。苦しい状況に集中力も欠いたことも反省材料だ。「でも9番のセカンドとサードはしっかりできたので明日につながるといいなと思います。パターが入ってくれれば予選は通ると思う」。最後のバーディを追い風とすることができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>