<シュライナーズ・ホスピタルズ for チルドレン・オープン 初日◇3日◇TPCサマリン(7,255ヤード・パー71)>

ネバダ州ラスベガスのTPCサマリンで開幕した、米国男子ツアー「シュライナーズ・ホスピタルズ for チルドレン・オープン」の初日。米国本土復帰戦となった石川遼は第1ラウンドを3バーディ・2ボギーの“70”で回り、1アンダーでフィニッシュした。前戦の5位により出場権をつかんだ岩田寛は4バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“73”で2オーバーと出遅れている。

石川遼、特別インタビュー!ゴルフへの熱い思いを語る
石川は10番から出て、短いパー4の15番でティショットをグリーンサイドのバンカーまで運ぶとこれを寄せてバーディを奪取。さらに続く16番、18番と立て続けにバーディを奪って3アンダーでハーフターンした。ところが3番でティショットを大きく右に曲げてボギーとすると、8番パー3もグリーン手前バンカーから寄せきれずボギーとしスコアを落としてのフィニッシュとなった。

岩田もINからスタートで2つのバーディを先行させるも15番でボギーを叩くと、17番、18番で連続ボギー。ハーフターン後の1番ではダブルボギーを叩くなど急失速。その後は1つ伸ばしたものの苦しい位置で初日を終えた。

現時点で首位はコースレコードの“60”を叩きだしたロッド・パンプリング(オーストラリア)が立っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>