<TOTOジャパンクラシック 事前情報◇3日◇太平洋クラブ美野里コース(6,646ヤード・パー72)>

 4日(金)より開幕する日米共催試合「TOTOジャパンクラシック」。今年はコースが成田空港からほど近い太平洋クラブ美野里コースになったこともあり、世界ランク上位の選手が多く来日。そのトップである世界1位のリディア・コ(ニュージーランド)、そして元世界ランク1位のステイシー・ルイス(米国)と初日に同組となったのが日本の賞金ランク1位であるイ・ボミ(韓国)だ。

ドレス姿も!総数500枚以上イ・ボミフォトギャラリー
 昨日プロアマ戦に出場したボミ。今日はINコースの9ホールを入念に確かめた。「コース全体的に長いですね。ただグリーンが止まるので結構攻められると思う」と印象を語る。「アウトの短いホールでバーディを獲って、長いホールでしっかりとパーをセーブして。1日2〜3アンダーを出していきたい」と展望を語った。

 米ツアー勢2人との戦いに「テレビで見てる選手ですし、リディアは私も出たANAインスピレーションで勝った選手。見ているだけで良い勉強になると思う」といつもと違う刺激を期待する。だが続けて、「このコースでは(飛距離の出る)アメリカの選手が伸びると思う。だから周りのスコアは見ないようにして。あくまで私とコースとの戦いです」と過剰に意識しない構えだ。

 今大会を優勝すれば米ツアーへの出場権も手にできるが「それは勝ってから考える」とそれも今は頭の外。ひたすらにピンだけを見て戦っていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>