本日2日(水)から3日間の日程でセカンドQTが4地区で一斉に開幕した。54ホールストロークプレーで来季出場権を争う。出場する選手はファーストQTを通過した選手と、歴代プロテスト合格者。そして、2016年TPD単年登録者の中で「樋口久子 三菱電機レディス」終了時に賞金ランキング70位以内に入れなかった選手で構成される。

ドレス姿も!有村智恵フォトギャラリー
 その初日、D地区の岡山県JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部で参戦した有村智恵はイーブンパー・7位タイで初日を終えた。

 A地区の栃木県那須小川ゴルフクラブでは大和笑莉奈3がアンダー・単独首位、B地区の埼玉県高坂カントリークラブ岩殿コースでは斉藤愛璃が3アンダー・1位タイ、ユン・チェヨン(韓国)は1アンダー・6位タイ、諸見里しのぶが1オーバー・12位タイ、アン・シネ(韓国)が2オーバー・21位タイと出遅れるかたちとなった。C地区の三重県ジャパンクラシックカントリー倶楽部クイーンコースでは、森美穂が2アンダー・2位タイ、藤崎莉歩が1アンダー・4位タイの結果となった。

 サードQTへは全会場の上位169人が進むことができる。その後のファイナルQTは11月29日から12月2日に千葉県の東急セブンハンドレッドクラブで行われる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>