腰痛からの復帰戦としていた、米国PGAツアー2016-17シーズン開幕戦「セーフウェイ・オープン」を直前でキャンセルしたタイガー・ウッズ(米国)が、12月1日から4日まで開催される自身がホストを務める「ヒーロー・ワールドチャレンジ」で復帰することを発表した。

腰痛によりフェアウェイに倒れこむタイガー・ウッズ
今年はライダーカップで副主将を務めた他、新たな事業の立ち上げなど選手以外の活動を続けてきたウッズは、1年2か月ぶりの復帰としていた開幕戦は「迷ったが、米ツアーをまだ戦う準備が整っていない。スキだらけだ」と急きょ欠場。さらに、出場を発表していた欧州ツアー「ターキッシュ・エアラインズオープン」も合わせて欠場を発表した。

改めて復帰戦に設定した「ヒーロー・ワールドチャレンジ」は、ウッズがホスト役となる一戦で世界ランク上位者など18名のみが出場する選ばれし舞台。「WGC-HSBC選手権」で初の世界ゴルフ選手権シリーズ制覇を成し遂げて世界ランク6位に浮上した松山英樹も出場する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>