<マイナビABCチャンピオンシップ 最終日◇30日◇ABCゴルフ倶楽部(7,217ヤード・パー72)>

 ABCゴルフ倶楽部を舞台に開催された「マイナビABCチャンピオンシップ」最終日。18番までもつれたデットヒートは片山晋呉が、初優勝を狙った小林伸太郎を制して節目となる通算30勝目を挙げた。

通算30個目の優勝カップを手に笑顔の片山
 永久シードプレーヤーが貫録を見せた。「小さいけど最後の勝負のアヤだったよね」と振り返るのが1打差リードで迎えた18番パー5の3打目。すでに2位の小林が2オンに成功しピン5mにつける中、自身は右ラフに外してレイアップを選択。ピンまで97ヤードにつけると、そこからグリーンの斜面をつけて小林の内側にピタリ。結局小林はイーグルパットを決められず、しっかりと2パットで勝利を拾った。片山が解説する。

 「2打目の位置からは10回打って7回は乗せられたけど、3回はボギーになる可能性があった。レイアップならパーは獲れるしバーディまであるからそっちを選んだ。そして内側につけられたのが大きいね。僕が先にパットを打つことになってたら下りで強く打てないし、それを見た彼もイーグルを狙ってくる。僕も何度もそうやって逆転したから分かる。最後の2転がりくらいだったけど、ああいうところなんだろうね、勝つって」。

 試合の流れを読む力もベテランが上回った。「前半、彼(小林)が乱れたけど後半また良いプレーをして崩れなかった。そうなれば1打勝つパターンでいいな、と」。2打差をつけた12番以降バーディは無かったが、1つ1つパーを丁寧に重ねていき追いつかれることはなかった。「もちろん30回勝ってるけど、その分負けてるからね。たくさん経験してる」。百戦錬磨の実力者の貫録勝ちだった。

 今日の勝利で積み上げてきたカップは30個目に到達。尾崎将司(94勝)、青木功(51勝)、中嶋常幸(48勝)、尾崎直道(32勝)、倉本昌弘(30勝)に続く快挙となる(カッコ内は1973年ツアー制施行後の勝利数)。「5人しか味わった人がいない舞台にこの歳で立つことができた。やっていて良かった」と喜びを口にした。

 ここまで戦ってこれたのは勝利の喜びを知っているから。「勝ってる人は“これがあるから頑張れる”というのがあると思う。最後のパットを決めてから10〜15分くらいだけど。勝った瞬間は全身が震えるくらい嬉しい」。この興奮を知ってるからこそ、つらい練習を乗り越えることができる。

 「前に中嶋さんが“50歳で勝つのは相当いいよ、こんな喜びはないよ”と言っていた(中嶋は2006年の三井住友VISA太平洋マスターズを52歳で勝利)。僕がもし50で勝ったら大変なことになっちゃうと思う」。たった一瞬だけどかけがえのない時間のために。43歳は明日からも厳しいトレーニングを続けていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>