<樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 2日目◇29日◇武蔵丘ゴルフコース(6,580ヤード・パー72)>

 「ようやく首位と近いところで優勝争いができる」と終盤戦で調子を上げてきた比嘉真美子。長らく不振にあえいできたが、今大会では2日目に強風の中スコアを1つ伸ばしトータル3アンダー、首位と2打差の4位タイに浮上した。

2日目のプレーを振り返る!LIVE写真館
 「今季はトップ5フィニッシュが2回あるけど、打数は離れていたので」と久しぶりの優勝争いのチャンスを喜んだ比嘉。「去年の今頃はゴルフができていないぐらい調子が悪かった。久しぶりに予選通過して、すごい思い出します」。ちょうど1年前、17戦連続予選落ちが続いていた最中、この大会で不名誉な記録はストップ。ゴルフ場に行くのが嫌な時期も乗り越えて、今年は優勝戦線に名乗りを挙げた。

 「目に見えないものを少しづつ積み上げて、徐々に。8月末の『ニトリレディス』ぐらいから」と夏場以降に復調の手ごたえを感じてきた比嘉。地道な努力とともに、「ゴルフ以外の時間を充実させて」とオンとオフを切り替えられるようになった精神的な余裕が調子を上向かせてくれた。

 最終日は「違った緊張感になると思うけど、それに飲まれないように1打1打大切にやれれば結果につながると思う」。

 もちろん狙うは優勝だが、賞金ランク現在54位の比嘉にとってはシード権の確保も至上命題。50位との差は約300万円。1つでも上の順位でフィニッシュすることが望ましい状況だ。

【2日目までの順位】
1位:李知姫(-5)
2位:イ・ボミ(-4)
2位:キム・ハヌル(-4)
4位:藤田さいき(-3)
4位:イ・ナリ(-3)
6位:申ジエ(-2)
6位:穴井詩(-2)
6位:堀琴音(-2)
6位:比嘉真美子(-2)
6位:福田裕子(-2)

<ゴルフ情報ALBA.Net>