<マイナビABCチャンピオンシップ 3日目◇29日◇ABCゴルフ倶楽部(7,217ヤード・パー72)> 

 通算29勝の永久シードプレーヤーが“こんなの初めて!”と発言する出来事が起こった「マイナビABCチャンピオンシップ」3日目の最終組全員がトリプルボギーを叩いたのだ。

【関連】国内男子ツアーフォトギャラリー
 口火を切ってしまったのは片山晋呉。2番ホールのティグラウンドについた時点で着用したセーターに違和感を感じながら打ったティショットがOBに。すぐさま脱いで打ち直したが5オン2パット。スコアに“7”をつけてしまった。

 続いてしまったのは小田龍一。6番でボギー、7番でダブルボギーと苦しい状況で迎えた9番。ティショットを右のバンカーに入れると、ラフを渡り歩いてようやく乗せられたのは5打目のアプローチ。ただし寄せられず2パットを要し、いわゆる“素トリ”でさらにスコアを落とした。

 悪い流れは好調のプレーヤーにも伝染する。スタートから2つのバーディを奪ってトータル12アンダーまで伸ばしていたチョ・ビョンミン(韓国)も8番ボギーから一転。10番で1mのパーパットを外すと、次の11番パー4でティショットをフェアウェイバンカーに入れて、2打目もグリーン手前のバンカー。3打目を4mまでしか寄せられず。すると、そこからまさかの4パット。同組の2人と同じように“7”を叩いた。

 結局ビョンミンはトータル6アンダーの5位、小田に至ってはトータル2アンダーの29位まで順位を落としたが、片山だけはトータル8アンダーの2位と優勝圏内で踏みとどまった。

 「我慢どころか“最高”ですね。あそこから建て直せて、いい位置をキープできたのは良い方向にきているからこそ。逆転できれば最高だし、明日はそれができると思って回りたい」。ラウンド後はすぐに練習へと足を運び、節目の30勝目に向けて最終調整を行った。

【3日目の順位】
1位:小林伸太郎(-10)
2位:片山晋呉(-8)
3位:小田孔明(-7)
3位:香妻陣一朗(-7)
5位:井上信(-6)
5位:永野竜太郎(-6)
5位:任成宰(-6)
5位:チョ・ビョンミン(-6)