<マイナビABCチャンピオンシップ 3日目◇29日◇ABCゴルフ倶楽部(7,217ヤード・パー72)>

 朝から雨が晴れ間が見せたと思ったら“お天気雨”、さらに強風…。荒天の3日目となった「マイナビABCチャンピオンシップ」で、首位で最終日を迎えることになったのはトータル10アンダーまで伸ばした小林伸太郎だった。

【関連】国内男子ツアーフォトギャラリー
 気が付けばリーダーボードの一番上に自分の名前があった。「途中ではトップが12アンダーくらいまで伸ばしてたのに、13番でボードを見たらいつの間にか僕がトップになっていて。自分でも信じられなかった」。多少の動揺は生まれたが、自分のベストプレーを心がけ、そのまま落ちることなく残り6ホールを駆け抜けた。

 ここABCゴルフ倶楽部は三木市にある自宅から30分。シーズンで唯一自宅通勤をするコースだ。好条件もあって出場できなかった「日本オープン」週に同コースで3日間の合宿。1日は所属先の焼き鳥まさやの社長である家田秀海社長と、残り2日は後輩と合計3ラウンド。その予行練習が効果的だったかどうかは、成績が如実に表している。

 首位で最終日を迎えるのは初。不安も入り混じるが、気持ちはあくまでチャレンジャーだ。「優勝したいけど、まずは自分がしっかりと集中できるように。同組には片山(晋呉)さんがいる。間近で見て色々勉強させていただきながら、その中で自分のゴルフを表現したい」。

 明日30日は妻・美咲さんの28回目の誕生日。「勝てたら一番のプレゼントですね。何とか頑張りたい」。日ごろの支えへの恩返しをするために、永久シードプレーヤーだろうが誰であろうが、負けるわけにはいかない。

【3日目の順位】
1位:小林伸太郎(-10)
2位:片山晋呉(-8)
3位:小田孔明(-7)
3位:香妻陣一朗(-7)
5位:井上信(-6)
5位:永野竜太郎(-6)
5位:任成宰(-6)
5位:チョ・ビョンミン(-6)

<ゴルフ情報ALBA.Net>