<WGC-HSBCチャンピオンズ 3日目◇29日◇シェーシャン・インターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>

 中国のシェーシャン・インターナショナルGCで開催されている世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-HSBCチャンピオンズ」。2日目を終えて、トータル13アンダーと単独首位に立った松山英樹は、WGC初制覇という日本人初の快挙達成へ向けて、3日目のプレーに挑んでいるが、前半9ホールを終えてトータル15アンダー単独首位を守っている。

松山英樹、絶好調のパッティングストロークを動画でチェック!
 2番パー5でバーディを奪って14アンダーとした松山。その後は連日のバーディラッシュを見せられずにいるが、9番でバーディを奪い、後半へ入っている。

 松山を3打差で追うのはラッセル・ノックス(イギリス)とビル・ハース(米国)。

 4打差・11アンダーにはフランチェスコ・モリナリ(イタリア)とダニエル・ベルガー(米国)。そして5打差・10アンダーにはフェデックスカップ年間王者、ローリー・マキロイ(北アイルランド)がつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>