<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 2日目◇21日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,523ヤード・パー72)>

 先週1週間をオープンウィークとして休養に充てた鈴木愛。「疲れはかなりとれている」と体調は良いがクラブを握らなかったことで、長いクラブには不安があるという。

笑顔の裏にたゆまぬ努力!若きメジャー覇者・鈴木愛フォトギャラリー
 
 そんな鈴木がスコアメイクに奏功している理由は100ヤード前後のショットが良いから。「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」対策として開幕の1か月前くらいから重点的に行い、同大会を制するのに奏功した。そのショートゲームの精度は以降も衰えることなく「昔は距離とか考えて打っていたけど、今は何かを意識せずに打ってもしっかりと距離が合う」と体に染みついている。

 今日もそのショートゲームが活きた。1番パー5で残り93ヤードからの3打目を横3メートルにつけておはようバーディを奪うと、6番で112ヤードを横2メートル、折り返しての12番で115ヤードを左下3メートルと共にピッチングウェッジでつけてバーディを奪取。得意距離でことごとくチャンスにつけて、首位と2打差のトータル7アンダー・4位と好位置で決勝ラウンドに進出した。

 とはいえまだウッド、アイアンの不安要素が残っているのも事実。「短いクラブの時にどれだけバーディが獲れるかが今週の勝負だと思う」。優勝スコアトータル1オーバーの難セッティングを制したウェッジで、賞金女王争いを繰り広げている笠りつ子やキム・ハヌル(韓国)を追いかける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>