<ブリヂストンオープン 2日目◇21日◇袖ヶ浦カンツリークラブ・袖ヶ浦コース(7,119ヤード・パー71)>

 千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブ・袖ヶ浦コースにて開催中の国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」2日目。全選手がホールアウトし、谷原秀人がトータル11アンダーで単独首位の座をキープしている。

国内男子ツアーの模様はフォトギャラリーでチェック!
 初日に“62”のロケットスタートを決めた谷原は、この日は2バーディ・ノーボギーと2ストローク伸ばし、単独首位のまま決勝ラウンドへ駒を進めた。

 2打差の2位タイで“64”の猛チャージを見せた片岡大育、最終ホールでイーグル締めのキム・キョンテ(韓国)が追走。3打差4位タイに塩見好輝、永野竜太郎がつけている。
 
 東北福祉大学3年生のアマ・比嘉一貴がトータル7アンダー・6位タイの好位置で予選を通過している。また、米ツアーから参戦しているブレント・スネデカー(米国)も同順位に入った。

【2日目の順位】
1位:谷原秀人(-11)
2位T:片岡大育(-9)
2位T:キム・キョンテ(-9)
4位T:塩見好輝(-8)
4位T:永野竜太郎(-8)
6位T:比嘉一貴@(-7)
6位T:ブレント・スネデカー(-7)
6位T:高山忠洋(-7)他

33位T:池田勇太(-2)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>