<日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 最終日◇9日◇サミットゴルフクラブ(6,935ヤード・パー72)>

 国内シニアツアー公式戦「日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ」は、初日からトップを走り続けたプラヤド・マークセン(タイ)が最終ラウンドも4バーディ・1ボギーの69とまとめ、通算20アンダーでフィニッシュ。2位に8打差をつける圧倒的強さで、日本シニアオープンに続き公式戦連勝を飾った。

シニアオープンを制して笑顔を見せるマークセン
 通算12アンダーの2位にはバリー・レーン(イングランド)、通算11アンダーの3位タイには倉本昌弘、清水洋一、鈴木亨の3人が入った。

<最終結果>
1  プラヤド・マークセン(-20)
2  バリー・レーン(-12)
3T 倉本昌弘(-11)
3T 清水洋一(-11)
3T 鈴木亨(-11)

<ゴルフ情報ALBA.Net>