<日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日◇2日◇烏山城カントリークラブ 二の丸/三の丸コース(6,506ヤード・パー71)>

 史上初となるアマチュアで「日本女子オープン」を制した畑岡奈紗。17歳が成し遂げた快挙を日本女子プロゴルフ協会会長である小林浩美も「すごい人がでてきました!」と褒めたたえた。

両親とカップ掲げ笑顔を見せる畑岡
 元々昨年7位タイに入った「樋口久子 Pontaレディス」の時から畑岡を「すごいと思ってた」と小林。「腰の入ったスイングから生み出されるヘッドスピードがすごかった。そして今回、揺るぎない攻め方とともに帰ってきましたね。30年に1人の逸材だと思います」と絶賛した。

 これで宮里藍と同様のルートでプロになる権利を得たが畑岡だが、現在アメリカツアーのQスクール(シード権を持たない選手が出場権を得るために参加する予選会のこと)を勝ち進んでおり、権利を得ればアメリカで戦いたいと話している。それについて小林は「2013年から私たちはチャンスがある人は海外メジャー優勝、そして五輪での金メダルを目指してほしいと思っています。今は海外の試合もテレビで見られるし私たちの頃に比べて距離が近くなっています。働き方は色々ありますから、それぞれで頑張ってほしい」と話す。

 「できれば両方で活躍して欲しいですが、本人の意思を尊重したいです。大きいチャンスをつかんでほしいですね。日米どちらでも活躍して欲しい」とエールを送った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>