<ドイツ銀行選手権 3日目◇4日◇TPCボストン(7,214ヤード・パー71)>

 米国男子ツアーのプレーオフ第2戦「ドイツ銀行選手権」3日目が終了。2日間を終え、トータル3アンダー・46位タイとしていた松山英樹が“67”のスコアでトータル7アンダーに。順位を一気に20位タイまで上げた。

【関連】米国男子ツアーフォトギャラリー
 松山は2番で初バーディを奪うと、4番からの連続バーディで快調にスコアを伸ばす。その後はバーディ1つ、ボギー2つと伸ばしあぐねたものの、上がり2ホールを連続バーディで締めた。

 首位に立ったのはトータル15アンダーまで伸ばしたポール・ケーシー(イングランド)。3打差単独2位にはブライアン・ハーマン(米国)、4打差・3位タイグループにはジミー・ウォーカー(米国)、スマイリー・カウフマン(米国)、ケビン・チャペル(米国)がつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>