<ウィンダム選手権 3日目◇21日◇セッジフィールド・カントリークラブ(7,127ヤード・パー70)>

 セッジフィールド・カントリークラブを舞台に開催されている米国男子ツアーレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」3日目。松山英樹がトータル12アンダーまで伸ばしたものの首位と6打差の6位タイに後退した。

【関連】米ツアーの最新情報を写真でチェック!
 最終組の1つ前から出た松山は前半で3つ伸ばしたものの、折り返しての11番で痛恨のダボ。その後2つのバーディを奪ったが、伸ばしあいの展開に一歩後退するかたちとなった。

 現在のトップは韓国のキム・シウー(韓国)。今日も7バーディ・1ボギーのチャージでトータル18アンダーまで伸ばしトップをキープしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>