<ウィンダム選手権 初日◇19日◇セッジフィールド・カントリークラブ(7,127ヤード・パー70)>

 米国男子ツアーレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」が開幕。「全米プロゴルフ選手権」以来の出場となる松山英樹は4アンダーの8位タイで初日を終えた。

【関連】米ツアーの最新情報を写真でチェック!
 7アンダーでトップに立ったのは「リオデジャネイロ五輪ゴルフ男子」で5位タイに入ったラファエル・カブレラ・ベロ(スペイン)とケビン・ナ(アメリカ)の2人。1打差の3位タイにブラント・スネデカー(米国)、ルーク・ドナルド(イングランド)、デレク・ファザワー(米国)、ダニー・リー(ニュージーランド)、ピーター・マルナティ(米国)の5人がつけている。

 来週のプレーオフ初戦「ザ・バークレイズ」出場するためには、最低でも単独5位フィニッシュが求められる岩田寛はイーブンパーの75位タイ。初日から厳しい状況となった。

【初日の順位】
1位T:ラファエル・カブレラ・ベロ(-7)
1位T:ケビン・ナ(-7)
3位T:ダニー・リー(-7)
3位T:ブラント・スネデカー(-7)
3位T:ルーク・ドナルド(-6)
3位T:デレク・ファザワー(-5)
3位T:ピーター・マルナティ(-5)
8位T:松山英樹(-4)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>