<リオデジャネイロ五輪ゴルフ女子 2日目◇18日◇オリンピックゴルフコース(6,245ヤード・パー71)>

 大山志保が2日目のプレーを終了。通算1アンダーの暫定30位タイで3日目を迎えることになった。

【関連写真】五木ガッツポーズ”が代名詞!リオでもいっぱい見たい!
 前半は3バーディ・ノーボギーと快調なプレーを見せた大山。しかし、バックナインに入ってすぐの10番パー5で、3オンに成功しながら3パットでボギーとしたところからリズムがおかしくなった。

 12番パー4ではセカンドショットを左に引っかけてボギー。続く13番でもセカンドショットのミスが響いてダブルボギーと、一気に貯金をはきだしてしまった。

 その後は必死にパーを重ね、最終18番パー5では3打目をベタピンにつけてバーディ。何とか一矢報いただけに、これを明日の3日目につなげたい。

 なお、大山がホールアウトした時点で、通算4アンダーの野村敏京の順位は暫定15位タイ。首位とは5打差となっている。


<ゴルフ情報ALBA.Net>