<CAT Ladies 事前情報◇17日◇大箱根カントリークラブ(6,704ヤード ・パー72)>

 19日(金)に開幕する国内女子ツアー第23戦「CAT Ladies」で今季の38試合(うちKKT杯バンテリンレディスは中止)のうち約3分の2を消化。いよいよシード争いも佳境に入ってくる。

日焼け対策どうしてる?女子プロ“日焼け”ギャラリー
 開幕時はシードを持っていなかった選手で、すでに来季の出場権を手中に収めているのは、福嶋浩子、ささきしょうこ、P・チュティチャイ(タイ)、レクシー・トンプソン(米国)の4人。それぞれ初優勝を挙げて手にした。

 賞金ランキングを見てみると、22位の森田遥、35位のサイ・ペイイン(台湾)、36位の岡山絵里は昨年の50位の賞金額(柏原明日架の17,916,000円)をすでに超えており、このまま順調に行けば初シードを得ることができそうだ。その他、川満陽香理(46位)、辻梨恵(47位)、下川めぐみ(49位)、上原美希(50位)が現在シード圏内の50位以内に入っている。

 逆にシードを持っている選手で50位未満はジョン・ジェウン(韓国)(52位)、黄アルム(韓国)(54位)、イ・ナリ(韓国)(56位)、酒井美紀(57位)、O.サタヤ(タイ)(61位)、前田陽子(65位)、香妻琴乃(66位)、北田瑠衣(72位)、服部真夕(73位)、森田理香子(75位)の10人。複数年シードを持っている選手はおらず(森田理香子の賞金ランク1位の3年シードは今年まで)、来季の出場権はここからの戦い次第となる。

 とはいえ秋口からの戦いは賞金額が高く、また出場選手が限られるため今季のシードを持っている選手は有利ではある。来季のツアーを彩る50人は最終的にどんな顔ぶれになるのだろうか。


<ゴルフ情報ALBA.Net>