<リオデジャネイロ五輪ゴルフ男子 最終日◇14日◇オリンピックゴルフコース(7,128ヤード・パー71)>

 「リオデジャネイロ五輪ゴルフ男子」は14日(日)に最終ラウンドをスタートした。1904年のセントルイス五輪以来112年ぶりのメダリストがきょう決定する。

辞退したはずなのに…五輪会場にニセマキロイ登場
 首位に立つのはトータル12アンダーのジャスティン・ローズ(イングランド)。1打差の2位で今季の「全英オープン」覇者ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が追う。メダル圏内の3位から逆転を狙うマーカス・フレイザー(オーストラリア)、トータル6アンダーの4位タイから最終日をスタートするバッバ・ワトソン(米国)らの追撃にも期待がかかる。

 一方で日本勢のメダル獲得は厳しい状況となっている。池田勇太はトータル1アンダーの26位タイからのスタート。片山晋呉はトータル13オーバーの59位から早朝7時にスタートし前半で3つスコアを伸ばしているものの、依然として最下位から抜け出すことができていない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>