〈ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯 2日目(2回戦&3回戦)◇30日◇恵庭カントリー倶楽部(6,876ヤード・パー72)〉

男子ツアーの特選フォトギャラリー
 2日間トータルでまだ38ホールしかラウンドしていない小田龍一。マッチプレーでは理想的な勝ち方でベスト4進出を決めた。初日の1回戦では宮本勝昌を6&4で下し、この日の午前中に行われた2回戦では永野竜太郎を6&5とこれまた圧勝。午後に行われた3回戦の相手はホストプロの片山晋呉を1回戦で破った深堀圭一郎だったが、小田の勢いは止められなかった。8&7という驚異的な勝ち方で準決勝進出をあっさりと決めた。

 しかし、当の本人は「マッチプレーは向いていないんです」と苦笑い。コースと戦うのではなく人を相手にするマッチプレーは自分の性格上合っていないというのだ。小田の優しい人柄から考えればごもっともと納得してしまいそうになるが、それでもこの勝ち方は明日の最終日の終盤になるほど効果が出てくるはず。ホストプロの片山晋呉に、ネスレ社員の近藤共弘が姿を消した今、ネスレのキャディバッグを使用する自分が頑張らなければという強い想いもある。律儀な小田が控えめに1億円を狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>