<大東建託・いい部屋ネットレディス 2日目◇30日◇鳴沢ゴルフ倶楽部(6,587ヤード ・パー72)>

 「大東建託・いい部屋ネットレディス」の2日目。1アンダー19位タイからスタートしたささきしょうこが6バーディ・1ボギー“67”でラウンドし、一気に首位と1打差の2位タイに浮上。昨年プロテストに合格した新鋭が初優勝へのチャンスを得た。

コースから撮れたてを写真を直送!ライブフォト
 この日は大山志保、森田理香子と知名度のある実力者とのペアリングにスタート前から「ドキドキでした」と緊張してしまっていたささき。2番で幸先よくバーディを奪って少しほぐれたというが、硬さは取れずドライバーショットが乱れてしまう。だがボギーとした5番以降は「キャディさんと話しながら“お二人の勉強をしつつプレーしよう”という気持ちになれて」と切り替えて、7番、9番、そして後半立ち上がりの10番でバーディ奪取。さらに上位にいることを把握しながらも崩すことなく、上がり2ホールで連続バーディフィニッシュ。トータル6アンダーで最終日最終組のラウンドを手にした。

 「サマンサタバサ レディース」では今季自己最高の5位タイフィニッシュ。「夏が好きなんです。唯一アマチュア時代に獲ったタイトルの日本ジュニアも夏ですし…」という言葉どおり、暑さが強まったこの時期に結果を出してきているが熱帯夜に苦しんでいるという。

 気管支が弱く、エアコンを絶対につけることができないというささき。寝苦しい夜は大変と思いきや、考えた対策方法は20歳の若さあふれるもので「寝る前にアイスクリームを食べます!」。大好物で暑い夜を乗り切っている。

 「試合自体は慣れてきたけど、こういう場で戦うことはまだまだ…」。注目を受ける最終日は2日目以上の緊張に襲われるだろうが、決戦前夜もアイスクリームを平らげ、力を蓄える。

<ゴルフ情報ALBA.Net>