<全米プロゴルフ選手権 2日目◇29日◇バルタスロールゴルフクラブ(7,428ヤード・パー70)>

 海外男子メジャー「全米プロゴルフ選手権」の2日目。1アンダーの21位タイから出た松山英樹は前半の9ホールを終えて2つスコアを伸ばしトータル3アンダーでハーフターンした。

バルタスロールでの戦いをフォトギャラリーでチェック!
 圧巻は2番パー4だった。約138ヤードのセカンドはピン右奥からスピンで戻って直接カップイン。イーグルで一気にスコアを伸ばすと4番パー3でもバーディを奪って上位に肉薄した。しかし、5番でボギーを叩くと、6番でのバーディを挟んで7番もボギー。ショットに首をかしげる場面も見られた。

 現時点で首位はトータル7アンダーのエミリアーノ・グリジョ(アルゼンチン)。午前組ですでにプレーを終えている池田勇太は後半に4つのバーディを奪うなどトータル3アンダーまでスコアを伸ばしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>