<ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯 1日目(1回戦)◇29日◇恵庭カントリー倶楽部(6,876ヤード・パー72)>

 2014年の第1回大会のチャンピオン・松村道央が、ネスレの社員でもある近藤共弘を2&1で下し2回戦へ進出した。

第一回大会を制した松村道央 最初の優勝賞金は…
 優勝経験があるだけに当たり前だけに「マッチプレーが好きだ」と松村は言う。ストロークプレーよりもはるかに疲れるが、ゲームの駆け引きはマッチプレー特有のもの。ちょっとしたことで流れが変わる点が面白いと松村。

 この日の「ちょっとしたこと」は7番ホールにあった。グリーンを外した松村だったが、ここでチップインを決めてピンチが一転相手へのプレッシャーに変わった。敗れた近藤も「あのチップインが効いた」と言うように、このワンショットで流れが変わったのは明らかだった。

 最終ホールまで勝負は持ち込まれたが、松村ペースで進んだ分、最後は近藤が力尽きる形となった。明日の2回戦は薗田峻輔との対戦となる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>