<全米プロゴルフ選手権 初日◇28日◇バルタスロールゴルフクラブ(7,428ヤード・パー70)>

 海外男子メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」がニュージャージー州にあるバルタスロールGCで開幕。松山英樹は3バーディ・2ボギーの“69”で回り、1アンダーの21位タイと予選落ちの続いたメジャーで久々ともいえる上々のスタートを決めた。メジャーでアンダーパーをマークするのは実に「マスターズ」の第1ラウンド以来となる。

松山英樹、練習ラウンドではダニー・リーに…
 INから出た松山は12番で3パットのボギーが先行するも、17番、18番と続くパー5を連続バーディとしてカムバック。後半は3番のバーディでスコアをさらに伸ばした。終盤は7番で再び3パット。9番パー3も約2メートルのバーディパットを決めきれず足踏みが続いたが、まずは上々のスタートと言えそうだ。

 この日のスタッツにはパーオン率83.33%と松山らしい数字を記した。マッスルバックタイプのスリクソン「Z945アイアン」に戻したアイアンショットも切れ味鋭くチャンスを量産した。この勢いのままさらに上位に迫って週末を迎えたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>