<ダンロップ・スリクソン福島オープン 最終日◇24日◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(6,961ヤード ・パー72)>

 年に一度の東北での戦い。今年は若武者の笑顔が咲いた。福島県にあるグランディ那須白河ゴルフクラブを舞台に開催された「ダンロップ・スリクソン福島オープン」で初優勝を飾ったのは22歳の時松隆光だった。

国内男子ツアーフォトギャラリー
 2位に5打差をつけて迎えた最終日。「余裕がある」からこそ緊張感が押し寄せた。4番でバーディを先行させたものの、5番からはピンチの連続。6番の2打目はOBぎりぎり、7番でも大きく曲げるなど4連続で2mのパーパットを残した。「前半はバタバタしちゃいましたね」。それでも立て続けに際どい距離を沈めて、2打差で折り返した。

 後半は出だしでボギーを叩いたものの、次の11番でバウンスバック。流れを引き戻すと13、14番と連続バーディ、さらに17番では寄せにいったというバーディパットがそのままカップイン。追いかけてくる岩本高志を一気に振り切り、昨年プラヤド・マークセン(タイ)を1打上回るトーナメントレコードのトータル25アンダーで栄冠を手にした。

 とはいえ18番で待っていてくれた仲間に水をかけられても、初めての勝利は「まだ実感がない」というのが本音。今後に向けても「2勝目」というよりは「これでQTに行かなくていいんだ」という安堵のほうが大きい。

 それよりも思い浮かぶのは新たな悩み。最近、2012年に「勝負運がつくように」と、福岡のお寺にいってもらってきた名前“隆光(りゅうこう)”から本名の“源蔵(げんぞう)”に戻そうと思っていた。周りから「源蔵の方が似合ってるよ、戻しなよ」と言われたことや、ホテルや航空券の予約の際にややこしかったりするのが理由だった。

 それが優勝したことで“隆光”が有名になってしまい、「今から変えたらギャラリーやファンのみなさんが混乱して、迷惑が掛かってしまう…」。とはいえ“源蔵”もお気に入りなだけに「今は五分五分ですね」と話すのがやっとだ。

 「もっと前半で2位以下を引き離したかったし、(今回獲得した)シードが無くなった時にシードを自力で獲れるようにこれからさらに力をつけないといけない」。その時の名前が“リュウコウ”でも“ゲンゾウ”でも。今以上のプレーヤーになることに変わりはない。

【最終順位】
優勝:時松隆光(-25)
2位:岩本高志(-22)
3位:小田孔明(-20)
4位:薗田峻輔(-19)

<ゴルフ情報ALBA.Net>