<ダンロップ・スリクソン福島オープン 3日目◇23日◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(6,961ヤード ・パー72)>

 ムービングデーを迎えた「ダンロップ・スリクソン福島オープン」。昨年に引き続き今年もバーディ合戦となっているが、そんな中2位から出た時松隆光が最多の10バーディを奪う猛チャージ。トーナメントコースレコードタイとなる“63”で単独首位に浮上、初優勝に王手をかけた。

ちょっとあのプロ野球選手に似てる?ベースボールグリップの時松隆光
 自身初の最終組に緊張はあったが「3番までパーでいければ」という想定通りのプレーを展開すると、4番で1mにつけてバーディ先行して「プレッシャーが和らいだ」。続く5番、さらには7番から3連続でバーディを奪い5つ伸ばして折り返す。

 バックナインでも勢いは止まらない。12番からは「プライベートでも記憶にない」という5連続バーディ。17番でボギーを叩きレコード更新はならなかったが「予想以上のゴルフができて自分でも訳が分からなくなった」とホールアウト後も興奮冷めやらなかった。

 そんな時松の特徴は指を絡めないベースボールグリップ。最近ではアマチュアで優勝した勝みなみが有名だが、時松の場合はゴルフを始めたときに、師匠の篠塚武久から「指や体に負担をかけないスイングをしろ」と言われたのがきっかけ。先輩プロから「変えたほうが良い」と言われて別の握りを試したが全く当たらなかったという。ちなみに同門の和田章太郎も同じ握りだ。

 プロではほとんど見られない握りから繰り出されるショットは、同組の岩本高志から「あまりにビタビタで、ゲームかと思ったよ」と言われるほど今日も絶好調。「今の状態を継続できたら明日も面白くなってくる」。初めて首位で迎える最終日。10本の指で優勝をつかみ取る。

【3日目の順位】
1位:時松隆光(-21)
2位T:岩本高志(-16)
2位T:キム・ボンソプ(-16)
4位:チャン・キム(-15)
5位T:藤田寛之(-14)
5位T:大堀裕次郎(-14)
5位T:イム・ソンジェ(-14)
5位T:薗田峻輔(-14)
5位T:ジュ・ホンチョル(-14)
5位T:パク・イルファン(-14)
5位T:イ・チャンウ(-14)

<ゴルフ情報ALBA.Net>