<センチュリー21レディス 初日◇22日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,553ヤード ・パー72)>

 国内女子ツアー「センチュリー21レディス」の初日。濃霧の影響により進行が大幅に遅れ、42名の選手がホールアウトできず、日没サスぺンデッドに。無事に第一ラウンドを終えたプレーヤーでは青木瀬令奈、若林舞衣子、O・サタヤ(タイ)の3選手が3アンダーで最高位となった。

【関連】濃霧となった初日の様子を振り返る!LIVE写真館
 
 青木は昨晩からの雨の影響でドライバーショットが「190ヤードぐらいでドロップして止まってしまう」とランが出ずに思うように飛距離が出せなかった。そこでセカンドショットでは5番ウッドを多用、「スプーン(3番ウッド)だとなおさらドロップしてしまうので。クリーク(5番)を使ってエッジまで運んでアプローチしてパーを拾いました」。パーオンが困難な状況でも好調なショートゲームを活かし、粘りのプレーでピンチを凌ぎ続けたことが終盤16、17番の「バーディにつながった」とプレーを振り返った。

 長時間のクラブハウスに足止めされたが、プレーを終えられたことに「ホッとしています」と胸を撫で下ろしていた青木。この日は運も味方に、好位置で終えることができた。明日はこの勢いに乗り、さらに上を目指していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>