<センチュリー21レディス 初日◇22日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,553ヤード ・パー72)>

 静岡県にある伊豆大仁カントリークラブを舞台に開幕した国内女子ツアー「センチュリー21レディス」の初日。濃霧の影響によりプレーの進行が大幅に遅れ、アウトスタート9組、インスタート5組、計42名の選手がホールアウトできず18時半に競技はサスペンデッドとなった。

【関連】国内女子ツアーフォトギャラリー
 ゴルフは天候によりプレーを左右されるスポーツ。この日、無事にプレーを終えることができ暫定ながら上位に入った若林舞衣子や青木瀬令奈はいわゆる“勝ち組”。霧が濃くなってきたころにハーフターンを向かえ、クラブハウウで足止めはされたがレストランなどで休むことができた。

 暫定首位の木戸愛はあと1ホールというタイミングでサスペンデッドなったが、足止めされた時はクラブハウス、プレー中も霧の影響は「ほとんどなかった」という。

 逆に上位では割を食ったのが青山加織。17番ティで1時間40分足止めされ、「イスがほしかったです」と立ちっぱなしで現地待機を余儀なくされた。車が出され、その中で休めた組もあったが、青山の組にはカート1台も来なかったという。

 霧はレーダーなどにもかからず、いつ消えるかもわからない。判断が難しく、青山も少しでも競技を進行させて、きちんと成立させたいという運営側の考えも理解しながら「もう少し方法があったのではと思います」と苦言を呈していた。

 報道陣の対応にあたった、日本女子プロゴルフ協会の原田香里 大会担当理事は全部の組に車を出すのは台数的にもまたホールの立地的な面からも「難しかった」と釈明。だが、「もう少し早く対応をするべきだったかもしれない。寒い中待たせることになってしまい、申し訳なかった」と謝罪の言葉も口にしていた。 

<ゴルフ情報ALBA.Net>