女子国別対抗戦「インターナショナルクラウン」の2日目。この日も3日間の予選ラウンドで採用されるフォアボールのダブルス(2人の良い方のスコアが採用)が行われ、日本代表はイングランド代表と対戦した。初日はタイを相手に1ポイントのみの獲得にとどまったが、この日は鈴木愛、渡邉彩香組が連日の引き分けで1ポイント。宮里美香、野村敏京組がチャーリー・ハル、メリッサ・レイド組に勝利をおさめてトータル4ポイントとしプールBの2位タイに浮上した。

熱き国別対抗戦!初日の模様をハイライト動画で振り返る
 プールBは日本と並ぶ2位タイにタイ。初日0ポイントに終わった米国はこの日3ポイントを加算するもプールの最下位は変わらず予選ラウンドの最終日臨むこととなった。プールAは台湾が6ポイントで1位。4ポイントの2位で韓国が追う展開となっている。予選ラウンドの3日目もフォアボールのダブルスが行われ、プールの上位2チームと3位同士のプレーオフを制した1チームがシングルスの最終日に進む。

【プールA】
台湾 6ポイント
韓国 4ポイント
中国 3ポイント
オーストラリア 3ポイント

【プールB】
イングランド 5ポイント
タイ 4ポイント
日本 4ポイント
米国 3ポイント

<ゴルフ情報ALBA.Net>