<センチュリー21レディス 事前情報◇21日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,553ヤード ・パー72)>

 国内女子ツアー「センチュリー21レディス」が明日22日(金)より3日間の日程で静岡県の伊豆大仁カントリークラブを舞台に開催される。今季、ステップアップツアーで2勝を挙げた新鋭・仲宗根澄香。この勝利によって再来週の「meijiカップ」までの出場権を獲得。先々週の「ニッポンハムレディスクラシック」からレギュラーツアーに出場しているが、2週連続で予選落ちを喫してしまっている。

新規写真続々追加!女子プロフォトギャラリー
 「自分でゴルフを難しくしてしまっているかもしれない」。ステップの時は先々を見据えてプレーできているが、レギュラーに来ればカットラインばかりが気になり「1つボギーを叩くとウワーって」。なかなか平常心でできていないという。

 もちろんコースセッティングの難易度も違うが、やはり一番大きいのは「心の問題」。落ち着いてやらなければいけないのは頭では理解できているが、なかなかそれができないという。この試合でレギュラーも3試合目、この試合を1つの転機としたいところだ。

 仲宗根は静岡県に不思議と縁がある。初めてマンデーを通過し、レギュラーツアーに出場したのが5年前のスタンレーレディス(東名CC)。初めてレギュラーで予選通過をしたのが昨年のフジサンケイレディス(川奈ホテルGC)、そしてステップで初優勝を挙げたのがユピテル・静岡新聞SBSレディース(静岡C浜岡C)。ゴルフ人生の節目に静岡の試合が絡んでいる。

 「理由はわからないですけど、静岡に来るとワクワクするんです」。今週のコースにも「攻めるところと守るところがはっきりしていて、イメージがしやすい」と相性の良さを感じている。これまでのレギュラーツアーの最高位は昨年の「フジサンケイレディス」の21位。「今週はそれを更新したいです」。見えない力に引っ張られ、この試合を大きな転機にすることができるか。なぜか静岡に愛されている千葉出身の24歳、明日は1番ティの第1組で7時30分にティオフする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>