フィル・ミケルソンとの激しい一騎打ちの末、全英オープンを制したヘンリック・ステンソン。これまでメジャー大会での惜敗は数知れず。しかし、メジャー最終日を初めて首位で迎えることになった3日目の夜、彼はおもむろに、こんなことを言い出した。

「絶対に譲らない」と語った3日目のヘンリック・ステンソン
「僕は今40歳。いつまでも永遠にメジャーで戦えるわけじゃない。メジャー優勝のチャンスが、あと50回残ってるわけじゃない。だから僕は自分でチャンスを作り出し、それをモノにしてみせる。明日、勝てるかどうかは50‐50。そりゃあ、勝っても負けても月曜日の朝、太陽はまた昇るけど、この勝負は僕の人生の仕上げになる」

 まるで引退でも考えているかのような話ぶり。負けたらそれは人生の終わりだと覚悟しているような、そんな悲痛な叫びが聞こえてきた。「まだ40歳」のはずなのに「もう40歳」「すでに40歳」と感じている。そんなステンソンの焦りが伝わってきた。

 しかし、それはミケルソンとの因縁対決を控えた自分自身を鼓舞し、心に鞭打つための言葉だったのだろうか。死闘を制し、最後は3打差をつけてメジャー初優勝とスウェーデン人男子初のメジャー制覇を成し遂げたステンソンは、安堵と至福の微笑みをたたえながら、前日の年齢の話を再び反芻(はんすう)し始めた。

「2009年のターンベリーでは(当時59歳の)トム・ワトソンの目を見張るようなプレーぶりを眺めた。僕より年齢を重ねた選手が全英オープンで素晴らしいパフォーマンスを披露することは、ままある。でも、それは年齢のおかげというより、その選手が積み重ねてきた経験のおかげだ」

 そして、ステンソンが重ねてきた経験も実に豊富だ。1998年プロ転向後、2000年まで欧州チャレンジツアーを転戦した。その最終戦で優勝し、欧州ツアー出場権をついに手に入れた日は、この日のトゥルーンより「もう少しだけ陽がさして暖かかった」

 しかし、その直後から極度のスランプに陥った。なんとか這い上がり、勝利を重ね、2006年からは米ツアーデビュー。2009年にはプレーヤーズ選手権を制してその名を世界に知らしめたが、その直後から再びスランプへ。

 そこから再び這い上がり、復調して遭遇したのがミケルソンと優勝を競い合った2013年全英オープンだった。あのミュアフィールドでミケルソンに敗れ、2位になった直後、ブリヂストン招待ではタイガー・ウッズに敗れて2位に終わり、翌週の全米プロではジェイソン・ダフナーに敗れて3位に甘んじた。そうした悔しい経験は数知れず。それでも、いつかはメジャーで勝てることを信じた。

「あのとき、そう信じることができなかったら、今、僕は全英チャンプとして、ここに座わることはできなかったはずだ」

 いろいろな経験を重ねてきたからこそ、達成することができたメジャー初制覇。年齢ではなく経験がパフォーマンスを上げ、勝利に導いてくれるのだとすれば、トゥルーンを制した記念すべきこの日は、「僕の人生の仕上げ」ではなく、華の人生の始まりなのではないだろうか。

 そう、あの2009年大会で全英史上最年長優勝に目前まで迫ったトム・ワトソンは59歳だった。全英は不得意と言われ続けたミケルソンが2013年に全英を初制覇したときは43歳。そしてこの日、全英2勝目をかけてステンソンと死闘を演じたミケルソンは46歳。みんなステンソンより年齢は上。ステンソンも「もう40歳」ではなく「まだ40歳」と思っていいはずだ。

「どうしてだか今日は僕の番が来ると感じていた」

 今日からも、これからも、僕の番はまだまだやってくる。そう信じることさえできれば、これからもまだまだ勝者に輝ける。

文 舩越園子(在米ゴルフジャーナリスト)

<ゴルフ情報ALBA.Net>