<サマンサタバサ レディース 最終日◇17日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,582ヤード ・パー72)>

 3年ぶりの勝利は、涙の味だった。イーグルポイントゴルフクラブを舞台に開催された「サマンサタバサ レディース」の最終日。6位タイから出た全美貞(韓国)が“66”の猛チャージで逆転優勝を飾った。

【関連写真】最終日の逆転劇をフォトギャラリーで振り返る!
 賞金女王にも輝いた実力者は、もがいていた。前回優勝したのは2013年の「PRGRレディス」。この日までの2年半は相次ぐ怪我に悩まされた。特に右手首の痛みは深刻で「インパクトすると右手が破裂しそうだった」。練習もろくにできず、調子も上がらない。「もう韓国に帰りたい」。何度もクラブを置こうとした。

 そんな全を支えたのが義兄でコーチの金鐘哲氏。「また良いプレーができるようになるよ」何度も励ました。先週も「もう辞めよう」と引退を考えた義妹に「まだまだできると思ってるから僕がここにいる。時間はかかるかもしれないけど大丈夫」。19歳のころから指導を仰いでる師匠に言われて、全は「もう一度頑張ろう」と顔を上げた。

 今週も自信があったわけではないが、何とか予選ラウンドを6位で終えるとなぜか今朝見違えるようにショットが良くなった。「義兄も“今まで見たスイングで一番良い”と言ってくれた。それを信じて18ホール頑張ろう」とスタート。いつも出てくる弱気の虫を抑えるためパッティングにも一工夫。色々考え込まないように、ラインを決めたらすぐに打つ。そうして6つのバーディを量産した。

 そうしてつかんだこの日の勝利はただの1勝ではなかった。「また優勝できるとは…本当に難しいと思っていました。今でも信じられません」。クールでシャイな33歳もこれまでの苦難を考えるとあふれ出るものを抑えられなかった。

 「苦労したけど、また優勝することができました。来週からはもう少し高いところに目標を置いて頑張っていきたいと思います」。23回目の優勝会見を締めくくると、涙を拭いてちょっぴり恥ずかしそうにはにかんだ。


<ゴルフ情報ALBA.Net>