<全英オープン 3日目◇16日◇ロイヤルトゥルーン(7,190ヤード・パー71)>

 海外男子メジャー第3戦「全英オープン」の3日目。この日キム・キョンテ(韓国)と同組でラウンドしたローリー・マキロイ(北アイルランド)の行為に英国内でも批判が高まっている。

2日目に予選落ちを喫した松山英樹をなぐさめる場面も
 16番パー5で2オンを狙って3番ウッドを振ったマキロイだったが、大きく右に外すミスショット。感情のままにクラブを地面に放り投げると、バウンドしたヘッドがシャフトから外れて硬い地面に転がった。マキロイは「ヘッドがぐらぐらしていたんだ」と釈明したが苦しい言い訳であることは言うまでもない。

 マキロイは昨年の「WGCキャデラック選手権」でも、池に入れるミスショットをした際に持っていた3アイアンをボールが入った池に投げ込む行為に及んだこともあった。マキロイはトータルイーブンパーの18位タイで最終日を迎える。

<ゴルフ情報ALBA.Net>