<全英オープン 2日目◇15日◇ロイヤルトゥルーン(7,190ヤード・パー71)>

 米国男子ツアーメジャー第3戦『全英オープン』2日目。天候は初日とはうって変わって荒れ模様となり、難コースがさらにシビアに。多くの選手がスコアを落としたが日本勢も同様で、軒並み順位を落とす苦しい展開をなった。

松山、池田らのプレーを振り返る!全英オープン フォトギャラリー
 初日1オーバー・75位と出遅れ、挽回が必須だった松山英樹は5番でトータルイーブンパーに戻すも以降はチャンスを作れず。前半2つ落としてトータル2オーバーとすると、後半9ホールは試練の時。10番は約155ヤードの2打目をピン奥のブッシュに入れると3打目は出すだけとなり、パーパットは約5m。このホールをボギーとした松山にはさらにピンチは続く。

 11番はティショットが右へ打ち出され、コース外の線路に打ち込むと暫定球も右サイドのギャラリー方向へ。200ヤード近く残す4打目を手前からグリーンオンし、2mのボギーパットを沈めて“ダボ”は回避。12番は2打目がグリーン手前にショートし、ピンまで23ヤードの3打目をパターでコロがすも寄らず。約2.5mのパーセービングパットを沈められずに“まさかの3連続ボギー”で一気に転落してしまった。

 13番からは雨風が強まる難しいコンディションのなか、パーセーブがやっと。16番からの上がり3ホールでは再び3連続ボギーとなり、トータル8オーバーと予選通過が絶望的なスコアで18ホールを終えた。

 日本勢の予選突破は池田勇太、市原弘大の2名のみ。松山のほか、初日3アンダー発進となった今平周吾、宮里優作、谷原秀人、塚田陽亮、小平智は予選ラウンドで姿を消すこととなった。

 2日間を終えて首位に立ったのは、初日“63”でトータル10アンダーに伸ばしたフィル・ミケルソン(米国)。単独2位にはこの日“65”で猛追を見せたヘンリック・ステンソン(スウェーデン)がつけ、ミケルソンに1打差に迫っている。

 予選ラウンド終了時の上位陣、注目選手および日本勢の順位は以下のとおり。


【全英OP 2日目までの順位】
1位:フィル・ミケルソン(-10)
2位:ヘンリック・ステンソン(-9)
3位T:キーガン・ブラッドリー(-7)
3位T:ソレン・ケルドセン(-7)
5位:ザック・ジョンソン(-5)

15位T:ダスティン・ジョンソン(-2)
15位T:ローリー・マキロイ(-2)
22位T:金庚泰(-1)
27位T:池田勇太(E)
41位T:ジェイソン・デイ(+1)
67位T:ジョーダン・スピース(+4)
67位T:市原弘大(+4)

89位T:今平周吾(+6)
111位T:宮里優作(+8)
111位T:松山英樹(+8)
122位T:谷原秀人(+9)
130位T:塚田陽亮(+10)
138位T:小平智(+11)

<ゴルフ情報ALBA.Net>