<全英オープン 初日◇14日◇ロイヤルトゥルーン(7,190ヤード・パー71)>

 日本勢8名が出場する『全英オープン』がいよいよ開幕。先陣を切ってのスタートとなった松山英樹は前半9ホールを3バーディ・1ボギーでラウンド。2アンダーでハーフターンしている。

練習ラウンドで名物パー3“ポステージスタンプ(郵便切手)”をチェックする松山
 松山は1番でティショットをドライバーでグリーン左手前まで運ぶと、約35ヤードのアプローチはカップ左手前1.5メートルに寄せてバーディ発進。4番パー5ではティショットをアイアンで刻み、約280ヤードの2打目をピン右手前8メートルに。イーグルパットは入らずもバーディ奪取で2アンダーに伸ばす。

 だが続く5番パー3はティショットをグリーン奥カラーにこぼし、約15ヤードのファーストパットは寄せることができず、2mのパーパットを外して1アンダーに後退。それでも9番で約175ヤードの2打目をピン左奥2.5mに落とすと下りのラインを沈めきり、2アンダーで後半へ入っている。

 松山とともに午前組でスタートした谷原秀人、今平周吾、市原弘大は現在プレー中。午後組は小平智が日本時間21時26分、宮里優作が日本時間22時26分、池田勇太が日本時間22時59分、塚田 陽亮が日本時間23時21分にティオフを迎える。

<ゴルフ情報ALBA.Net>