今季唯一のオープンウィークを挟んで、国内女子ツアー後半戦再開試合となった『ニッポンハムレディス』。同試合で勝利を挙げたのはツアー未勝利の葭葉ルミ。逆転での初優勝の要因は、2つの大きな自信があった。

【関連】すべてナイキセット!葭葉ルミの優勝セッティング
 前半戦最終戦『アース・モンダミンカップ』でも初日首位タイに立つなど調子の良さを伺わせていた葭葉。結果的には尻すぼみの27位タイで終わったもの「いいときと悪いときの精神状態の傾向がわかった。その経験がなければ今週は勝てなかった」と、自身にゴルフに手ごたえを得ている際のメンタルコントロールの良い傾向、悪癖を直近の試合で経験できたことで『ニッポンハムレディス』では3日間安定してスコアを伸ばした。

 初優勝にはギア面での支えも…。今季から国内女子ツアー唯一のナイキ総合契約プロとしてプレーする葭葉だが、ナイキのクラブについては「全部信頼できますし、何もいうことはないくらい。このセットなら“絶対に勝てるな”と思っていました」と全幅の信頼を寄せる。

 なかでも『ニッポンハムレディス』では「VAPOR FLY ドライバー」でのティショットが安定。同モデルは“VAPORシリーズ”になって2作目でブルーヘッドが特徴。見た目は安心感があり、かつコンプレッションチャネル(ソール溝)がオフセンターヒット時のもヘッドのブレが抑制してくれることで強い球を実現しやすい。葭葉も「もともとフェード系なんですけど“つかまりすぎず安定して強い球”が打てました」と優勝争いの状況下でのアドバンテージになったと感じている。

 「総合契約なのでギアも、ウエアも、シューズも提供頂いていますし、会社全体で応援してくれる」。今年1月の契約発表会では“初優勝、3勝、そして海外挑戦”を目標に掲げた葭葉。1つ目の目標を達成したが次なる目標へ向け、後半戦のさらなる活躍を目指す。

【葭葉ルミのクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】

1W:ナイキ VAPOR FLY ドライバー 9.5度
(三菱レイヨン Diamana R/60S)
3W:ナイキ VAPOR FLY フェアウェイウッド 15度
5W:ナイキ VAPOR FLY フェアウェイウッド 19度
7W:ナイキ VAPOR FLY フェアウェイウッド 21度
4U:ナイキ VAPOR SPEED ユーティリティ 23度
5I〜PW:ナイキ VAPOR PRO COMBO アイアン
53度:ナイキ ENGAGE ウェッジ
58度:ナイキ ENGAGE ウェッジ
P:ナイキ METHOD ORIGIN パター
B:ナイキ RZN TOUR PLATINUM ボール
F:ウィメンズ ルナ コントロール4 シューズ

<ゴルフ情報ALBA.Net>