国内メジャー第2戦「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」は谷原秀人、武藤俊憲の熾烈なバーディ合戦の末、プレーオフまでもつれ込み、14番から驚異的なプレーを連発した谷原秀人の勝利に。

健闘を称えあう谷原と武藤
 14番ではティショットを池に入れながら、打ち直しの110ヤード3打目をウェッジで50センチにつけパーをセーブ。「いいショットでしたね」と思わず自画自賛のスーパープレーを見せる。その他17番では7メートルをねじ込みバーディ。プレーオフでは林の中からのセカンドショットを3番ウッドでグリーン手前まで運びパー。優勝を引き寄せた。

 この日は2度の中断があり長丁場となったが、「集中力を保つことができたのは、クラブへの信頼が要因のひとつ」と信頼のできる14本で見事自身初のメジャータイトルを獲得した。

 谷原の使用クラブは以下の通り。

【谷原秀人のクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】

1W:本間ゴルフ TW727 455 プロトタイプ マットブラック
(9.5度/VIZARD YZ75/X)
3W:本間ゴルフ TW727 フェアウェイウッド 15度
UT:本間ゴルフ TW717 ユーティリティ 19度
UT:本間ゴルフ TW-MA プロトタイプ
4I-10I:本間ゴルフ TOUR WORLD TW727V アイアン
W:本間ゴルフ TW-W 51度、59度
P :タイトリスト スコッティキャメロン プロトタイプ
BALL:DUNLOP スリクソン Z-STAR プロトタイプ

<ゴルフ情報ALBA.Net>