<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 最終日◇10日◇北海道クラシックゴルフクラブ(7,094ヤード ・パー72)>

 国内男子メジャー「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」は最終組の3人による熾烈なバーディ合戦の末に、谷原秀人の劇的な逆転優勝で幕を閉じた。

優勝は谷原秀人!スーパープレーを連発
 倉本昌弘PGA会長は「3人が素晴らしいプレーをした。我々の想定スコアは4位(-13)のスコアなので、最終日に3人が3人ともこんなスコアは素晴らしいです」と大会を総括。熱戦を繰り広げた谷原らを称賛すると共に、「こういう時に限ってテレビがないんだよね(笑)」と2度の中断がありテレビ放送で終盤の攻防を全国のゴルフファンに見せられなかったことを悔やんでいた。

 今年、この大会で大きく注目されたのはバンカーの難易度を上げたこと。これは「もちろん続けていくつもり」だという。通常の大会よりもサンドセーブ率は悪くなり、「やって良かったと思います。ボランティアさんに協力してもらって、帯同キャディに聞いても良かったと言ってもらえたので」」と手ごたえを得ていた。

 来年は2007年以来となる沖縄県の喜瀬カントリークラブで開催。優勝スコアはトータル5アンダーだったが、「あのスコアはどうかと思う。1年間調整しながら、セッティングをしていきたい」と話していた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>