<ニッポンハムレディスクラシック 最終日◇10日◇アンビックス函館倶楽部 上磯ゴルフコース (6,362ヤード ・パー72)>

 国内女子ツアー『ニッポンハムレディス』最終日、4アンダー・7位タイからスタートした賞金ランク3位のキム・ハヌル(韓国)は一時は首位タイに立つも、終盤でのボギーが響き、トータル6アンダー・2位タイフィニッシュ。ツアー初優勝を果たした葭葉ルミに競り負け、今季2勝目はならなかった。

【関連】『ニッポンハムレディス』を振り返る!LIVE写真館
 前半に2つ伸ばしたハヌルは後半12番でもバーディを奪い、トータル7アンダーとする。最終組がハーフターン後には、トータル7アンダーには7名が並ぶ大混戦に。「バーディを獲ろうというよりも後半は難しいのでパーセーブだけを心がけていました」と試合後に振り返ったように耐えていたものの、17番で落としたことで結果的に1つ後ろの組で回っていた葭葉に余裕を与えてしまった。 

 現在賞金ランク1位のイ・ボミ(韓国)は『全米女子オープン』出場で不在、さらに同2位の申ジエ(韓国)も上位に絡んでこない絶好の機会だっただけに悔しい敗戦となった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>