<全米女子オープン 2日目◇8日◇コードベールゴルフクラブ(6,752ヤード・パー72)>

 リオ五輪代表選考前最後の試合「全米女子オープン」2日目。今大会で上位に入り、逆転での代表入りを狙った韓国のイ・ボミ(韓国)だったが、初日に続き今日もスコアを落としトータル6アンダーと予選落ち。リオ行きは絶望的となった。

【関連ニュース】ボミがいっぱい!女子プロフォトギャラリー
 「グリーンの周りのショットが全然良くなかった」とボミ。「パー5でもバーディがなかったし…ボギーはあるけど、バーディがなかったので。グリーンの周りのアプローチが全然ダメでした。チャンスもなかったので、しょうがないです」と丁寧に振り返った。

 「頑張ったけど、(目標達成)できなかったので、これからまた高い目標をまた作って、そこを目指して頑張りたいです」。今にも泣きそうな声で今後に向けての展望を語った。

 なお、ボミの予選落ちは参戦した米ツアー「ホンダLPGAタイランド」、「ANAインスピレーション」を含めても今季初めて。棄権した14年の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」を除くと13年の「伊藤園レディス」まで遡る。

<ゴルフ情報ALBA.Net>